中古の建売住宅ってどうよ?

私の友人の話です。私の友人は5年前に建売住宅を購入しました。

その家は築18年経っていました。

不動産屋さんに言われるがまま購入したのですが不動産屋さんは悪いところは一切言わずに、友人に購入させました。なんとその不動産屋さんは悪徳不動産でした。

住んですぐに分かったのですが床は斜めになっていました。

そして羽アリが多いなと思いましたらなんと柱にシロアリが食っていたのです。それにトイレもしょっちゅう詰まっていました。

排水溝も流れが悪いのです。その事を友人が不動産屋さんに問いただしましたらすごい剣幕で怒鳴られたそうです。

私は友人にいましたどうしてもっと考えて買わなかったの?と聞きましたら半ば強引に不動産屋に騙されたと言っていました。

良い事ばかり言って悪い事は一切言わなかったたそうです。

そして電話をするとすごい剣幕で怒鳴られてしまいますので話にならないと言っていました。

まだ住宅ローンも残っていますし直す場所もいっぱい出てきてしまったので友人はなすすべを失ってしまっています。

人の弱みにつけ込んで家を無理矢理購入させるのですから悪徳不動産もいいところです。

ハウスメーカーの営業マンも信用ならないと言う話を聞いたことがありますし、不動産業界の体質なのかもしれませんね。

私が思いましたのは友人も友人だと思います。実際にそちらの家を見て角地でしたので凄く良く見えたそうです。

私自身もそうですが角地と言うのは大変好立地に見えます。でもその家は何年も売れてなかったそうですのでどうして売れなかったのかをまず考えなければいけませんでした。

家と言うのは一生の買い物ですのですぐに飛びついてはいけないと思います。

お菓子や飴を買うのと違いますので見極める技術も必要になると思います。家は高い買い物なので色々なな部分で考えなければいけないと思います。

友人は今購入した家を売却しようと思っています。私もその方がが良いと思いました。

そして新築一戸建てを購入する予定でいます。スムーズに売却できると良いです。

そして今度は失敗しないで素敵なお家を購入して欲しいです。

レクサスLSの運転席から・・・

レクサスLSの運転席から・・・

今日は、レクサスLSの運転席からの写真をご紹介します。

何を隠そう私が乗っている車なわけですが、もうすぐ新しい車に乗り換えることになったので、思い出にいま乗っている車の写真をたくさん撮っています。

今日、いつも行っているイオンになぜか知らないけど、新型クラウンがおいて有りました。

じっくりと見させていただきましたけど、細かいところの質感の程度が低いなと感じたのが正直なところです。

走行性能に関しては、モータージャーナリストの人たちの意見を聞いていると、かなり良くなっているので、あと細かい内装の質感とか塗装のレベルを上げれば、本気で、ドイツ車と互角以上に戦える車なのにもったいないなぁという感じがします。

コストの問題があるのはわかるけど、ライバル者たちはもう少し高い価格を設定しているんだから、もう少し販売価格を上げて互角の勝負に持って行くというのも有りのような気がするのですけど、そう簡単な話ではないのでしょう。

特にクラウンは、海外では販売されておらず、国内専用の車種なので、あまり価格が高くなってしまうと売れなくなってしまうし、同じ車格のレクサスと被ってしまって、その点でも売れなくなってしまうという苦悩があるのだろうと思う。

そう考えるとクラウンというのは、本当にポジショニングの難しい車だと思うし、それを意識しながら開発しなければならないエンジニアの人たちは大変な思いをしているんだろう。

そう考えると、レクサスは、何も考えずに本気で最高の車作りをすればいいだけだから、エンジニアとしては気持ち的に楽かもしれないね。

とすると、消費者としては、やっぱりトヨタブランドよりも、突き抜けることが簡単にできるレクサスブランドの車を買う方がいいのではないだろうか。

トヨタ車とレクサス車を比べると、エクステリアからインテリアまであまりにもクオリティに差がありすぎますからね。

本当に、一度レクサスに乗ると二度とトヨタには戻れないという感覚になってしまうのがちょっと怖い。

階段がたくさんある家です

今日は、自分の個人的な事をちょっと書きます。自分の事を少しでも多くの人に知ってもらいという気持ちがありますので。

今住んでいるのは賃貸ですが造りが変わっていて気に入っています。

一階に玄関があり二階にリビングルームとダイニングルームがくっついたような部屋があります。

それから洗面所とお風呂場とトイレがあります。

三階へ行くと部屋が二つあって、一つは子供部屋にして一つは寝室として使っています。

我が家は母ひとり子ひとりの母子家庭なので、この部屋で十分広く感じますしとても満足していますよ。

こういう造りの賃貸を探してやっと見つけました。

階段がたくさんあるところも昔平屋住まいだった私には魅力的で階段には観葉植物を飾っています。

玄関からリビングへ続く階段はあえて何も置くことなくスッキリさせていますが、リビングから三階へ続く階段は小さな観葉植物をいくつも置いて楽しんでいます。

こういうことを昔からやりたかったのです。

平屋住まいで何がイヤだったかというともちろん狭かったこともイヤでしたが、それ以上に家の中に階段がなかったことがイヤでした。

二階屋に憧れていたのは二階屋だと家もそこそこ広いですし二階に続く階段があるから。階段がある家に強く憧れていたんです。

その夢を叶えることができて今は本当に幸せですよ。

二人暮らしには十分な家です。

これから介護の問題もあるので、家の作りについてはかなり考えておかないと将来苦労します。

今の仕事は幸いにもIT関係のエンジニアをしているので、給料も悪くありません。

学生時代に取っておいたLPICなどの現場で直ぐに役立つ資格を持っていたことが就職で有利になりました。

資格は国家資格じゃ無いと意味が無いという人もいますが、IT系の資格に関しては国家資格よりもむしろ民間のベンダー資格の方が価値が高いです。

参考:資格キング

基本情報技術者は国家資格ですが、LPIC、MOS、オラクルの資格なんて全部民間資格ですよ。

私と同じような環境にいる人がいれば、ぜひIT業界への転職を検討するものありです。技術さえあれば、在宅で仕事を見つけやすいのもメリットです。

まずは自己紹介

このブログの初めての投稿となります。

実は他にもたくさんブログを運営しているので、ブログの投稿が初めてということでは無いのですが、新しく作ったこのブログでは初めて記事を書くことになります。

まず、ちょっとだけ私の自己紹介をします。

元々とある大手IT企業でエンジニアをやっていたのですが、今は脱サラして個人でコツコツWebサービスなんかを作ったりしながら生計を立てています。

昔みたいなバリバリ仕事をするという世界からは遠ざかっていますが、のんびりと家族とともに幸せな人生を楽しんでいます。

必死で朝から晩まで働いているよりも、ゆとりを持って、生活できるという方が人間らしいように感じています。

こういう生活が送れる日本という国に生まれたこと、IT技術が進化したこの時代に生まれたことに感謝しています。

だから、ゆっくりとしたスローライフを送りながらも、ブログやSNSを使ってみんなのやくに少しでも立てそうな情報を発信するということは続けていきたいと思っています。

Eric S. Raymond(エリック・レイモンド)の書いた有名なHow To Become A Hackerの精神を少しでも見習おうと思ったのがきっかけですね。

ということで、簡単な自己紹介でした。

さて、私の最近の活動としては、できるだけ技術にこだわった、人に役立つWebサービスを作るということを心がけています。

そのためにいろんなレンタルサーバーを使っているのですが、そこで私が感じた率直な感想を書いていきたいと思います。

今は、個人の人でもレンタルサーバーを借りてブログを書くという人も増えているので、そういう人にも役立つような廉価なホスティングサービスも紹介していくつもりです。

少しでも皆さんの役に立てるような情報を発信していきたいと思いますので、これからよろしくお願い致します。