レクサスLSの運転席から・・・

レクサスLSの運転席から・・・

今日は、レクサスLSの運転席からの写真をご紹介します。

何を隠そう私が乗っている車なわけですが、もうすぐ新しい車に乗り換えることになったので、思い出にいま乗っている車の写真をたくさん撮っています。

今日、いつも行っているイオンになぜか知らないけど、新型クラウンがおいて有りました。

じっくりと見させていただきましたけど、細かいところの質感の程度が低いなと感じたのが正直なところです。

走行性能に関しては、モータージャーナリストの人たちの意見を聞いていると、かなり良くなっているので、あと細かい内装の質感とか塗装のレベルを上げれば、本気で、ドイツ車と互角以上に戦える車なのにもったいないなぁという感じがします。

コストの問題があるのはわかるけど、ライバル者たちはもう少し高い価格を設定しているんだから、もう少し販売価格を上げて互角の勝負に持って行くというのも有りのような気がするのですけど、そう簡単な話ではないのでしょう。

特にクラウンは、海外では販売されておらず、国内専用の車種なので、あまり価格が高くなってしまうと売れなくなってしまうし、同じ車格のレクサスと被ってしまって、その点でも売れなくなってしまうという苦悩があるのだろうと思う。

そう考えるとクラウンというのは、本当にポジショニングの難しい車だと思うし、それを意識しながら開発しなければならないエンジニアの人たちは大変な思いをしているんだろう。

そう考えると、レクサスは、何も考えずに本気で最高の車作りをすればいいだけだから、エンジニアとしては気持ち的に楽かもしれないね。

とすると、消費者としては、やっぱりトヨタブランドよりも、突き抜けることが簡単にできるレクサスブランドの車を買う方がいいのではないだろうか。

トヨタ車とレクサス車を比べると、エクステリアからインテリアまであまりにもクオリティに差がありすぎますからね。

本当に、一度レクサスに乗ると二度とトヨタには戻れないという感覚になってしまうのがちょっと怖い。